かくれが

とあるスマオタの備忘録

最近観た映画とか舞台とか

地図ファンミのあと、ときが止まっていた。実際はめっちゃ忙しくしてたんですが。人生の荒波に揉まれていた。引っ越しもした。身体も壊した(快復しています)。落ち着いてみたら、すべてに対してモチベーションが低く、まあたぶん夏バテなんですが、景気づけにブログでも書いてみようと思う。この半年に観たものいろいろ。もはや最近でもない。

映画「トラさん」

監督の作品がもともと好きで、その方が北山くんの映画撮ってくれるの、わたし恵まれたオタクである。これ、変わった映画だけど、ハマるひとにはハマる良作だと思うので、来る日も来る日も宣伝に明け暮れてた北山くんの頑張りが、ちゃんとお役に立ってるといいのになあ。着ぐるみとか馬鹿にしてんのか! って思うような人は観なくていい話だったので、着ぐるみにはフィルタリングの意味があるのだな。北山くんはちったいが、猫としては大きいな! 普通に飯食って生きてるっぽさがあるのが、俳優としての北山くんの魅力だと思うので、人間のすーちゃんのほうが見応えあったかなあ。いや、死んでるけどすーちゃん。

舞台「仮面ライダー斬月 -鎧武外伝- 」

こういう試みあってもいいのになーって、特撮のオタクで舞台を観るオタク、わりとみんな思ってたと思うんだけど、2.5舞台とヒーローショーのいいとこどりに仕上がっていて、ぜひとも鎧武以外でも続いてってほしい……。鎧武世界の正史の流れの時間軸にありつつも、初期平成ライダー劇場版のような、本編の要素を別軸で再構築したようなストーリーにもなってて、わたしはとても好き。あとやっぱ主任はキャラとしてつええな! 出鼻に「わたしだ」って電話に出ただけで、ちょっと笑ってしまった。
そして萩谷くん。わたしが萩谷くんを見つけたのは、2013年のキスマイツアーバック。未だに、なんで好きになったのか、よくわからないが、踊る姿が好きなのだと思う。上手だとも、個性的だとも思わないが、とにかく好きだ。なんやかんやあって、ジャニオタではいられなくなったわたしの最後の男と決め、なのに萩谷くんも辞めちゃって、もう2度と会えないんだと腹をくくりもしたが、突然の舞台出演告知。斬月の初日は萩谷くんとの2079日目だった。思えば遠くへ来たもんだ……。斬月の萩谷くんは、わたしの知らない、いろんなことができる役者さんで、わたしの知ってるダンスをする萩谷くんだった。やっぱり大好きだなあ。斬月のおかげで成仏したので、今後は主に茶の間で、ときどき現場で、ゆったりと応援して、日々を刻んでいけたらと思う。

舞台「ハムレット

今年ハムレットいっぱいあるけど、5月のシアターコクーンのやつ。岡田将生のやつ。いやこれ忙しくなかったら、あと3回くらい観たかった。今年のマイベストでは。わたしはハムレットというか、シェイクスピア作品をだいたい、よくわかんねえな!と、思ってしまうんだけど、これすごくわかりやすく解釈を見せてくれる演出だった。ハムレット王子が狂気に陥る様をめちゃくちゃ丁寧に見せるんだけど、とにかくきれいな容姿のおかだまがおかしくなってくのほんと最高……。こないだWOWOWで放送されたので、映像も観たい。録画しっぱなし。

Kis-My-Ft2 2019 LIVE TOUR FREE HUGS!

東京ドームと西武ドーム。今年も西武ドーム来てくれてありがとう! 楽しかったという思い以外の記憶が、引っ越しのどたばたまっさかりで、ちょっと薄れてしまったので、早く円盤リリースしてほしい。記憶を補完させて!

NACSYMPHONY 2019「COLOR~彩り続けた楽曲たちの調べ」

これもどたばた時期に行ったので、具体的な記憶は薄いのだが、わたし意外とTEAM NACSという劇団がめっちゃ好きなんだなと思いました……。ライトファンだけど、それなりに思い入れはある。

舞台「LOOSER 2019」

しんふぉにとこれで、懐古するほどの過去もないにわかなのに、懐古厨ごっこがはかどりすぎた。演出が脚本に対してすごく丁寧で誠実で、なるほどこういう話だったんかー!という新鮮な感動あった。元作品は、演出の派手さエモさに溺れてしまう。そこがNACS(というか森崎演出)の良さなんだけど、それに隠れて脚本の持ち味がわからないのももったいないもんね。

映画「凪待ち」

慎吾と音尾くんが揃ってる現場が嬉しくて、せっせと舞台挨拶に出かけてしまった。スマオタのわたしも、NACSファンのわたしも、かわいい末っ子ちゃん♡と思っているのだが、お互いがお互いに、いやおっさんやで!?と、ツッコんでた感ある。白石監督の映画は、いつも思わぬところで心に刺さる。これは、エンドロールが刺さりました。

映画「ドラゴンクエスト ユア・ストーリー」

わたしこれ試写会を必死で当てて観て、オチがくっっっそダサ!2019年にこのダサいオチやろうと思ったのなんで!?と、思ったものの、そこ以外は、「わたしの冒険の書ではないが、誰かともだちの冒険の書」くらいの距離感が、とても良かったので、世の中があんなに怒って炎上してるのわけがわからない。妹いないのは、予算だよね……悲しいね……。妹だけでなく、全体的に、日本でこういった3DCGアニメ作るの大変なんだなというのがにじみ出ていたのが、なんかつらかったな。

ミュージカル「ドン・ジュアン

藤ヶ谷くんで宝塚の演目やるとか、オタクの妄想かと思った。現実だった。オタクの妄想3Dすごかった。宝塚風の立ち姿だとか、流し目みたいな目線残したお芝居だとか、そんながやちゃん最高に決まってんじゃん?最高だったよ!まだまだのびしろ感じるので、年に1回くらいのペースで、三十代の藤ヶ谷くんのライフワークにしてくれないだろうか……。

NAKAMA to MEETING_vol.1 初日

武蔵野の森スポーツプラザメインアリーナ、2月16日昼公演。初日に行ってきた。7割くらい泣いていた。楽しかった。……情緒不安定か!www いやまあ、情緒不安定なんですけど。3年くらい。誰が間違ってんのかすらわかんないくらい変な立ち位置になる瞬間とか、やたら時間が押してそうな気配とか、初日だな……って思った。懐かしい感覚。歌→センステでMC→ゲームコーナー→歌という、省エネなコンサート的なイベント。わたし行ってないからわかんないんだけど、SMAPのファンミもこうだったのかなあ。みたいなことを思った。ドームのファンパーティは行ったので、強いて言えばあれと似ている。 いや、なにやるのかよくわかんなかったからさ……w 慎吾すらもよくわかんなかったみたいなので、そりゃそうなんだけどww じゃんけんではなかった。

ななにーの歌コーナーを観て毎月泣いているわたしは、目の前で歌われちゃ、まあそりゃ泣く。3年前に取り上げられたものが、ステージの上にあった。知ってた、なくなってないって知ってた。まだある。なくなってない。絶対的に素敵なステージ。わたしのスマコンに対する信頼感は、まったく裏切られなかった。スマコンで見覚えのあるダンサーさんがちらほらいらして、それもまた泣いた……ドームじゃなくても、SMAPじゃなくても、一緒にステージ作ってもらえるんだなあ、って。わたしが音源聴いた時に、こういう風にやってほしい〜って思った演出もしてくれなくて、踊ってほしいとこで踊らなくて、でも多幸感がいっぱいだったよ。知ってるよ、この場所…… 。ななにーでいつも、持ち歌が少なくて、これはわたしはなにをすれば、どうしたら増やせるのか、なんて思ってたんだけど、次までには増やしておくという言葉にも泣いた。そんなのあの人たちが考えてくれてないわけなかった。

そうやって変わらないものと、変わったものがある。いない人たちは、絶望的なまでにいないんだけど、いないことによる変化があって、こうして時間は過ぎていくんだなあ。3人が時折、そして今日も、「ゼロになったと思ってた」って言うの、ファンのわたしたちにとっても、あの日までのことが全部ゼロにされてしまった感覚があるんだけど、SMAPだった日々はずっとなくなったわけでなくて、今日は地続きの今日で。

わたしは、以前から、1ツアー平均3回程度の、さほど多ステのオタクではないんですが、それでも、ドームだ、スタジアムだという会場で、何万人何十公演もあるチケットを、他のオタクたちと全力で殴り合っていた実感はあるのに、隣の味スタの1割になってしまったキャパを、全員が全員譲り合いながら入ってるというのに気づいただけでも泣いた。あんま話題になってないとは思うんですが、最初の申込みで激戦だった公演は、地図さんちゃんと追加をがんがん入れてくれて、とにかく入りたいやつは絶対入れてやるという意気込みを感じる公演でしてね、しかもオタクは譲り合ってるもんだから、結局平日ちょっと余ったりしてるとこ、優しい世界すぎるだろ。最終的には埋まっていたのも優しい。

未だに悲しくて悔しくて泣いてしまうことが多いし、先のことはわからないけど、この日が楽しくてよかった。わたしは2016年にもう死んだし、この先成仏できることはないと思うんだけど、地図のおかげでギリギリ悪霊にならないで済んでる。成仏できないけど、生き返れることはあるといいな…… 。みんなで、隣の味スタにまた行きたい。みんなでね!!

SNSタイムに撮らせてもらった写真を貼って、締めとしたい。吾郎さんが華麗に舞っていた。

f:id:refuge:20190313093530j:plainf:id:refuge:20190313093537j:plainf:id:refuge:20190313093613j:plainf:id:refuge:20190313093623j:plain

映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った」

明日からなんですけど、試写会で拝見。ゆるく感想を。

原作未読。宣伝の印象よりも軽やかで、そして「いい話」だった。優しい世界。多少ネタバレなのかもしれませんが、代替医療詐欺で金を巻き上げられたり、親戚のおばさんが連れてきた拝み屋が居座って出ていかないとか、そういうんじゃなかった。良かった。子供の頃に身近でそういうやばいことがあって、とてもトラウマなので、めっちゃびくびくしていたんだけど、息子が滝行やお百度参りの願掛けする(予告にあるそのシーンがなんとなく嫌な予感を呼ぶ)だけで、ちゃんとした話だった……。いつも、買った原作も、各種雑誌インタビューも読まずに積んでるのは、映画をなるべくまっさらで観たいからなんですけど、読んでたほうが良かったかもしれない。

いろいろ身構えて観てしまったけども、めっちゃおもしろかった。ずっと淡々と進む物語が、お母様が亡くなられるあたりから、重くなるわけではなくて、重心の位置が変わって、浮遊感があるような、その体感が、カタルシスともちょっと違って、とても良かった。

ちなみに、試写会のときのアフタートークが、すごく身にしみた。→映画「母を亡くした時、僕は遺骨を食べたいと思った。」公式サイト » 公開記念トークセッション実施レポート

以下、ちょっとだけネタバレ。

続きを読む

2018年の現場まとめ

恒例エントリ、今年の現場まとめで振り返る一年。毎年、年内にあげてるんだけど、年末から寝込んでた……。

  • 1月:髑髏城の七人 season月 上弦の月 / 舞祭組村のわっと!驚く!第1笑
  • 2月:TEAM NACS 第16回公演「PARAMUSHIR~信じ続けた士魂の旗を掲げて」 大阪3日 / PARAMUSHIR 愛知 17日昼 / 夜
  • 3月:PARAMUSHIR 宮城 3日昼 / 夜 / 4日 / そして僕は途方に暮れる / PARAMUSHIR 東京 15日 / 20日 / 21日 / 22日昼 / 夜 / 29日昼 / 30日 / 31日夜
  • 4月:クソ野郎と美しき世界 舞台挨拶 / muro式.10 シキ
  • 5月:
  • 6月:家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。 舞台挨拶 ×4 / KING OF PRISM Rose Party 2018 昼 / 夜 / ニンゲン御破算 / 劇団イナダ組「いつか抗い そして途惑う」 / 映画「焼肉ドラゴン」舞台挨拶 ×2 / てがみ座「海越えの花たち」
  • 7月:第三回 坪菱カト酔いどれ集会 / Four for you!! Four!! / Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 Yummy!! you&me 西武ドーム 14日 / 15日 / 16日 / CUE DREAM JAM-BOREE 2018 27日 / 28昼 / 28夜 / 29日
  • 8月:「愛しのアイリーン」完成披露試写会 / FREE TIME, SHOW TIME 君の輝く夜に / ヨーロッパ企画20周年 「サマータイムマシン・ブルース」 / 「サマータイムマシン・ワンスモア」
  • 9月:スジナシ BLITZシアター vol.8 / 「愛しのアイリーン」舞台挨拶 ×4 / theatre PEOPLE PURPLE 「ORANGE」
  • 10月:舞台「銀河英雄伝説 Die Neue These
  • 11月:No.9 不滅の旋律 / ブラボーカンパニー タイトル未定2018
  • 12月:日本の歴史 / ThankCUE FANMEETING 2018 / Kis-My-Ft2 LIVE TOUR 2018 YOU&ME Extra Yummy!! 東京15日 / 16日 / 日本の歴史 / JOVIJOVA 2018 大納会 Keep On Talking!

クリスマス前に突然けっこうな風邪をひいてしまい、最後の最後に2現場ドタキャンしてしまった後悔がまだめっちゃ生々しい。悔しい。健康第一! のがしたのは、Gロのルパパト素面公演と、音楽劇「道」。Gロは次回があるのでまだなんとか耐えられるが、道……うっ……。回復して、ジョビジョバ行ったのに、大晦日からまた寝込んでいて、一体。

それでも、去年の倍近くある。ありがとう PARAMUSHIR。マイベスト現場は間違いなくこれ。何度も書いてるけど、あれからほんとにずいぶん元気です。おかげで、演劇、ライブ、舞台挨拶、トークライブ、いろいろ行けたな。

例年よりライブ多かったと思う。キスマイが夏冬あったしね。舞祭組もあったしね。行けてよかった。唯一の中居だしなあ。普段、2次元系の現場あんまり行かないんですが、キンプリのロズパ楽しかった。

舞台は年間10演目を目標にしてるんですが、16演目観られたので、上々。自分で前々から予定立ててチケット確保して行くのがほとんどなんだけど、今年は誘われた、おすすめされたと、なるべくフットワーク軽くして、観たいと思ったときに観られたものが多くてよかった。マイベストは「日本の歴史」です。近年、三谷幸喜の時代劇が好きなんだと結論づけてたんですけど、三谷幸喜の日本史モノが好きなんだと、認識を微修正いたします。みたにんの日本史と、みたにんの香取慎吾(と書いて天使と読む)が好きですね……。源氏兄弟最高だったんだけど、どっかでもっと長く見せてくれんかなあ。

今年もいちばんたくさん観た人は、安田顕さんなのでおいとくとして、次点を発表することにしてますが、また大泉洋さんでしたね。NACSさんが稼働してる年は、だいたいそうなってしまうのだな……。大泉さんの映画がたくさんあったから舞台挨拶も多いし。カウントしてないけど、舞台挨拶がない試写会もけっこう行ったな。

ちなみに、何を現場としてカウントするかは、わりと曖昧です。年によって違う気がするが、まあいい。

現場としてカウントせずとも、映画の総括もこの記事ですること多いんですが、今年はぜんぜん観られんかったなー。特に後半。ただ、普段は年に数ヶ月しか入れてないWOWOWに入りっぱなしだった(髑髏城見たさです)ので、家ではわりと観たかな。いまさらすぎるけどキングスマンおもしろかったな……普段洋画ほんと観ないので…。

総括と言いつつ、前年比たくさん行けたな! 元気になってよかった! 以上のことはない。2019年は、前半ちょっと立て込んでるので、現場控えておきつつ、落ち着いたら、できればミュージカルをしっかり観たい……と、いまのところは思ってるんですけど、どうなるかなー。

大晦日から元旦

晦日、なんかあっちこっち痛いな……と思ったら、あれよあれよと発熱、40度とか大人になってから初めて見た気がする。休日診療のお世話になり、2018年が暮れていった。大晦日がそんなに嫌なんだろうか。トラウマは深い……。

元旦、やっと薬が効いて、37度台まで落ち着いてきたので、お布団でななにー見ながら、これをぽちぽちしている。冷蔵庫の中に、おせち材料が入ったままになっている。おせちは、ここ数年、好きなものだけ作っています。

今年もぼちぼち、元気になりたい。